ZEHへの取り組み

  • HOME
  • ZEHへの取り組み

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、ゼッチと読みます。
快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により
できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、
1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅の事を言います。

日本政府は2020年には新築戸建の50%をZEHにする目標を立てており、

2030年には新築住宅の平均でZEHを達成する目標が公表されています。

それを受け、当社でも下記のように目標をたて、ZEHの普及活動に努めます。


ZEHへの取り組み


普及目標と実績

一建は「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2020年度までのZEH普及目標を公表します。


具体的なZEH普及策


1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページやパンフレットでZEH住宅への弊社の取り組みを明確に掲示します。

お客様にZEH仕様住宅の価値・メリットについて分かりやすくお伝えします。

ZEH住宅を体験していただける完成見学会などで、お客様に情報を提供し、普及の推進を目指します。

 経済産業省の補助金の交付期間に入りそうなお客様には補助金について説明します。

2.ZEHのコストダウンに向けた具体策

基本設計段階から、効率よくエネルギーを使用できるようにプランのコンパクト化を図ります。

仕様・設備の規格化を図り、発注メーカーを限定し仕入れのコストの削減を目指します。

3.その他の取り組みなど

ZEHの勉強会やセミナーに積極的に参加し、知識・技術の向上に取り組みます。

地域性を最大限に活かしたパッシブ設計に取り組み、通風・日射を活用した光熱費を軽減できる住宅を提供します。

ZEHへの取り組み、補助金など関してご不明な点がございましたら、当社までお気軽にお問合せ下さい。

 注)掲載されている情報は発信時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。